意思が弱いからダイエットができない!まず根本的な問題を解決!

意思が弱くて痩せられない!なにしろ食事制限がムリ!ご飯やパンが好きだから糖質制限がツライ。

ダイエットに成功しない人に多い理由は「意思が弱いから」というけれど、本当に正しいダイエット方法を知っていますか?

とりあえず糖質制限や置き換えダイエットして痩せようと思いがちですが、何を食べて何を食べない方がいいのか理解するのが解決の一歩ではないでしょうか?

私は痩せたいけれど、どうしても食事をコントロールすることができませんでした。いわゆる意思が弱くてダイエットがうまくいかないのです。

絶対痩せたい!ダイエットするぞと決めてがんばってみたことは何度もあります。しかし、あの意気込みはどこへやら数日後には甘いものに手を出している自分に自己嫌悪・・・。

意思が弱いからダイエットできないのではなく、何を食べれば痩せるのか?痩せる食事をメインとしたダイエット方法を知らなければ永遠にダイエットできないことに気づいたのです。

ここではダイエットに成功しないのは意思が弱いせいなのか検証してみたいと思います。

意思が弱いからダイエットが続かない

ストイックな性質の人や努力家なら食事制限や定期的な運動が必要なダイエットをこなすことは可能ですね。

でも、意思が弱いと決めたスケジュールや決まりを守ることができない、これって本当でしょうか?

ダイエットが続かないのは意思が弱いせい・・・本当に続かない理由は意思が弱いせい?意思が弱いけど毎朝歯は磨くし、夜はお化粧を落としませんか?

少々面倒だと感じてもやる方の方が多いと思います。

果たして、意思が弱いから面倒で歯を磨かないとかお化粧を落とさない方はどれくらいいるでしょう?

この際、「意思が弱いからダイエットできない、意思が弱いから痩せられない」という先入観をとりはらってみましょう。

痩せたい欲求より食べたい欲求の方が強い

痩せたい欲求より食べたい欲求が強い
なかなかダイエットが成功しない場合、痩せたいモチベーションが弱いといえるのではないでしょうか?

たとえば恋をするときれいになるといわれていますが、愛する人のために痩せてキレイになろうと思う気持ちが強いでしょうからダイエットを続けられる可能性も高まります。

何らかの疾患などでどうしても減量しないと命にかかわる場合もダイエットを続けることはできると思いませんか?

痩せたいのは山々だけど食べたい欲求が強いなら、今一度なんのために痩せたいのかを見つめ直す必要があるかもしれませんね。

私は意思が弱いから痩せられない、のではなく、痩せたい気持ちが弱い可能性を考えてみましょう。

痩せなければいけない理由を今一度考えてみよう

まわりをみるとスリムでスタイルの良い子ばかり、自分だけぽっちゃりすぎない?

着たい服が着れない!似合わない!絶対に痩せる必要がある!!

もっとひどいのは、去年着れた服が入らない!これは出費にも関わりますし困りますね。

あなたの痩せなければいけない理由はなんですか?

痩せたいのにダイエットが続かないのは意思が弱いせい、三日坊主が得意な私は永遠に痩せられないのでは?と暗い気持ちになってしまいそうですが、そもそもダイエットが必要?冷静になって分析してみるとさほど体重は重くないのかもしれませんよ。適正体重かもしれません。

あなたは、どうして痩せなければいけないのですか?

ダイエットの基本!消費カロリー>摂取カロリー

ダイエットはただ食べなければいいというものではありません。短期間で数キロ痩せても簡単に元に戻ってしまいます。

過酷な食事制限をして痩せてもリバウンドをする人も多いです。

あなたが20代の女性なら比較的容易にダイエットが成功するでしょう。でも、年齢を重ねるごとに女性は痩せにくく太りやすいようにできています。

特に40代以降は女性ホルモンの減少に伴い顕著に脂肪が増え太ってしまう方が増えます。中年以降はとにかく痩せにくく太りやすくなるのです。

これからの人生で何度もダイエットしなければいけないのは憂うつですよね?それならば、正しい食生活を維持するべきだと思いませんか?太るのは簡単で痩せるのは難しいですから。

面倒なカロリー計算は嫌いな方は多いでしょう。しかし、ダイエットの基本はカロリー。

消費カロリーが摂取カロリーより多くないと、余分なカロリーは脂肪と化します。好きなだけ食べていては体重が増えることは確実なのです。

食べたければ動くことも重要ですが、運動で消費されるカロリーはさほど多くはありませんのでご注意ください。

まちがったダイエット法や流行に踊らされない

意思が弱いからダイエットできないのではなく正しいダイエット方法を知らないだけ
消費カロリーを考慮して食べなければいけないなら、いっそ食事を抜くなどしてカロリーを減らせばわかりやすいですが、自己流で糖質制限ダイエットをしたり、置き換えダイエットをしても、それを永遠と続けられるわけありませんよね?

これまで、どのくらいの種類のダイエットをしたことがありますか?

私でさえザッとこれくらいのダイエットは経験しています。

  • 朝バナナダイエット
  • ファスティングダイエット
  • 糖質制限ダイエット
  • 置き換えダイエット
  • サバ缶ダイエット

日々、新しい食材とダイエット法が注目されメディアに登場します。

以前、白いんげん豆ダイエットがテレビで特集され注目を浴びましたが、中毒事件に発展し問題になりました。また、めかぶダイエットなど特定の疾患を持っている人には取らない方がよい食材を使うダイエットもあります。

要は、何かに偏った食事制限やダイエット法は警戒した方がよいという事です。自分は健康だと思っているけれど過信は禁物。一般的な食材で健康的なダイエットをめざしましょう。

ダイエットには太らない食べ方を身につける

痩せたいなら、ダイエットに成功したいなら、注目すべきは食事です。

私たちの体は食べたものでできているからです。太らないため=痩せるために何を食べるか、最も必要な点はとにかく「いかに食べるか」なのです。

わたしの体験談ですが、痩せるためにご飯やパンを減らしました。そして、納豆、豆腐、ブロッコリー、赤身の肉など、てっとりばやく揃えられる食材を食べるようにしました。

でも、しばらくすると、

お腹空いたな~カレーが食べたい、ハンバーガーが食べたい、と思い始めたら危険信号。

ダイエットの基本である食事を管理できない人はダイエットに成功することは難しいです。

ジムへ行ったり、ダイエット食品を注文しても、結局、わたしって意思が弱くてダイエットが続かないの!どうしたらいい?

「意思が弱いからダイエットできない」

意思が弱いからではなく、正しいダイエット方法を知らないのです。

正しいダイエット方法とは、正しい食べ方です。何を食べて何を食べない方がいいのか、そして、それを長期間に続ける小さな努力の積み重ねです。

結局、これが出来ないからダイエットに成功しないのではないでしょうか?

ダイエットの正しい知識は食物や調理法など幅広い知識が必要です。そしてくじけそうになった時に即励ましてくれる存在(サポーター)なのです。

スマホでダイエットをサポート

体重管理アプリやレコーディングダイエット系のアプリを使ったことがある人は多いでしょう。

体重と食べたものを記録することで毎日の「痩せたい意識」をキープするのに有効です。

それさえも、挫折しがちな私。

特に食べ物を記録するアプリは続きません。ここにダイエットに成功しない理由も隠されています。なぜなら、きちんと食事を作らないまたは用意せずお菓子で済ませることがあるからです。

食事の管理と正しいダイエット知識を得ない限り、私はダイエットできないことがよくわかりました。

あなたも、なぜできないのか、それは意思が弱いせいじゃなく他に明白な理由があることを突き止めてください。